スポンサードリンク

2007年01月31日

痛み

持久走で痛みを感じることがあるかもしれません。
その場合はすぐに適切な処置をとりましょう。
無理して走り続ける事がないようにしましょう。
それが持久走の上達のコツです。
posted by 持久走の走り方とコツ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

体育の持久走

小学校、中学校、高校の体育の授業の全てで持久走がありました。
男子も女子も校庭をよく走ったものです。
1000m〜3000m程度でした。
体力のない人にとってはタイム測定が嫌でしたね。
足首痛になる人もいました。
しかし、運動は体にいいものですから今ではやってよかったと思っています。
posted by 持久走の走り方とコツ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持久走の走り方

持久走の走り方についてです。

■デッドポイントとは

持久走では、走り始めてしばらくするととても苦しくなります。
これをデッドポイントといいます。

■セカンドウインドとは

デッドポイントを過ぎると少し楽な状態になります。
これをセカンドウインドといいます。


持久走をするうえで重要なことの一つは強い精神力です。
「もう無理」とか「|疲れた」などという弱音をはかないようにしましょう。
最後まで走りきるという強い意志を持つ事が大切です。
しかし、決して無理はしないようにしましょう。
posted by 持久走の走り方とコツ at 00:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 持久走 走り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レペティション・トレーニング

持久走のトレーニング方法について説明します。

■レペティション・トレーニングとは?

持久走のトレーニング方法にレペティショントレーニングというものがあります。
全力疾走して休む。全力疾走して休む。
これを繰り返す練習方法です。
これによって筋持久力が鍛えられます。
posted by 持久走の走り方とコツ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターバル・トレーニング

持久走のトレーニング方法の説明です。

■インターバル・トレーニングとは?

持久走のトレーニング法としてインターバルトレーニングというものがあります。
これは、ある一定の時間をダッシュで走り、次はゆっくり走る。
そしてまたダッシュで走り、またゆっくり走る。
といったように、ダッシュとゆっくりを繰り返すトレーニング方法です。
posted by 持久走の走り方とコツ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持久走のトレーニング方法

持久走のトレーニング方法について説明します。

■持久走のトレーニング方法とは?

持久走は走れば走るだけ、練習すればするだけ、タイムのあがる競技と言ってよいのではないでしょうか。

1.決めた時間内を走り通す
ある一定の時間を決めてその時間内を休まず走るというトレーニング法です。

2.ペースに変化をつけて練習する
あえてペースに変化をもたせるというトレーニング法です。


持久走には上記のような練習方があります。
また、別のトレーニング方法を以下の二つを挙げておきますので参考にしてください。

インターバルトレーニング
レペティショントレーニング

これらのトレーニング方法で体力をつけて持久走のタイムを縮めよう。
posted by 持久走の走り方とコツ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一定のペースで走る

持久走の走り方のペースについて説明します。

■持久走の走り方のペースとは?

持久走の走り方においてペースというのはとても重要になってきます。
ペースは一定に保つのがよいでしょう。
ゴールまでに力を出し切れるようにペース配分を行なってください。
そして、ラストスパートでは全力でダッシュをしましょう。
posted by 持久走の走り方とコツ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 走り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むだのないフォームで走る

持久走の走り方のフォームについて説明します。
持久走においてフォームはとても重要です。

■持久走のむだのないフォームとは?

体は10〜15度程度前に傾けるのが理想です。
さらに、歩幅は広すぎないようにします。
これらに加えて、リズミカルでむだのないように走りましょう。
上下の無駄な動きは禁物です。

フォームに無駄があるとそれだけで体力を消耗します。
正しいフォームで持久走を行なうようにしましょう。


また、歩幅の狭い走り方をピッチ走法、歩幅の広い走り方をロングストライド走法と呼びます。
posted by 持久走の走り方とコツ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 走り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

持久走のコツ

ここは持久走のコツについてのカテゴリです。
持久走のコツについての記事を掲載予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記】

■持久走のコツは?

持久走のコツは、正しいフォームで走ること、一定のペースを保つことなどがあげられると思います。
練習法もいくつかあるので参考にしてみましょう。
タグ:持久走 コツ
posted by 持久走の走り方とコツ at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 コツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持久走の走り方

ここは持久走の走り方についてのカテゴリです。
持久走の走り方についての記事を掲載予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【追記】

持久走のフォームや練習方法、ピッチ走法、ロングストライド走法などを解説します。
posted by 持久走の走り方とコツ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 持久走 走り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。